マンガ「ホームルーム」ネタバレ感想ブログです

漫画「ホームルーム」ネタバレ感想ブログ

ホームルーム1巻

漫画「ホームルーム」1巻1話ネタバレ!【先生の正体】

更新日:

漫画「ホームルーム」1巻1話ネタバレ!【先生の正体】
ホームルーム1巻

 

こんにちは!

 

とんでもないサイコパスな漫画がある!と話題の作品です。

 

「ホームルーム」

 

クラスで謎のイジメを受けている女子高生・幸子。

 

だけどそんな日々も、憧れの愛田先生がいてくれるから大丈夫。

 

だけどその先生には「裏の顔」があって・・・?

 

冒頭から超ぶっ飛び展開の、話題の衝撃作です!!

 



<<無料試し読みはこちらから>>

「ホームルーム」で検索してみてください^^

「ホームルーム」1巻1話あらすじ

 

クラスでイジメを受けている地味な女子高生・桜井幸子。

 

だけどそんな日々も、いつも守ってくれる先生がいるから大丈夫。

 

担任の「ラブリン」こと愛田先生。

 

彼は幸子にとって、憧れの存在でした。

 

だけどその先生には、幸子の知らない裏の顔があって・・・?

 

衝撃のサイコパス漫画「ホームルーム」、初回から超ぶっ飛び展開です!

 

「ホームルーム」1巻1話ネタバレ!

ホームルーム1巻

 

主人公・桜井幸子は女子高生。

 

メガネにひっつめた髪と、みるからに「地味な優等生」といった彼女。

 

しかし幸子は、クラスで謎のイジメを受けていました。

 

英語の授業中。

 

担任である「ラブリン」こと愛田先生の授業で、指名された幸子。

 

「Ms・桜井!」

 

しかし幸子は、椅子から立ち上がることができません。

 

実は彼女の椅子には、接着剤が塗られていました。

 

スカートが張り付いて、椅子から動けなくなった幸子。

 

異変に気付いた友人は、授業が終わったあと、ラブリンに声をかけます。

 

「先生この子、またイジメられてます」

 

それを聞いたラブリンの顔色が変わります!

 

椅子ごと幸子を持ち上げ、保健室に走るラブリン。

 

周囲の視線に戸惑う幸子ですが、彼女はこんな時間が嫌いではありませんでした。

 

どんなに辛いことがあっても、大好きな先生が助けてくれる。

 

それはひとりぼっちの幸子にとって、大きな救いになっていたのです。

 

「ホームルーム」1巻1話感想とその後の展開は?

ホームルーム1巻

 

イジメられる地味女子と、彼女を支える担任の先生。

 

一見とても美しい話に見えます。

 

が。

 

「ホームルーム」冒頭であるこの1話で、ラブリンこと愛田先生の異常な性癖が明かされます!

 

母が蒸発し、たった一人で暮らしていた幸子。

 

家庭訪問で彼女のそんな現状を知ったラブリンは、幸子の前で号泣。

 

「俺がいるから大丈夫だ」と、幸子を守ることを決意します。

 

しかし!

 

実はラブリン、その本性はかなりのサイコパス!

 

後半ではこの「学園ロマンス」に潜む、おそるべき狂気が描かれます。

 

正直かなり怖い話なんですが、それだけでは終わらないのが「ホームルーム」。

 

1巻を読み終わる頃には、この独特の空気感にはまっているハズです。

 

果たして、ラブリンの本性とは?

 

圧倒的画力で描かれる圧倒的サイコパス、ぜひじっくりとお楽しみくださいね〜!

 

<<無料試し読みはこちらから>>

「ホームルーム」で検索してみてください^^

-ホームルーム1巻
-

Copyright© 漫画「ホームルーム」ネタバレ感想ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.